中学校まで野球を通していたり、エクササイズといえば野球というイメージもあったので

カレッジで無我夢中になった現象。
ぼくは、界隈からカレッジに進学しました。そうして、アッという間に無我夢中になった現象。それはカレッジ動作見学。その当時流行っていた雑貨。駅伝、野球、ラグビー、ラクロス。。等。そうして、その中でぼくはカレッジ野球にはまりました。中学生まで野球を通していたり、動作といえば野球という見方もあったので、狭苦しい位から野球は歓迎でした。そうして、カレッジ野球といえば神宮球場。神宮外苑を走り回りながら、各週向かうことが楽しくてしょうがなかったです。高校生野球も歓迎でしたが、高校生野球はまた違うスポーツマンも応援も一体フィーリングが出るのがカレッジ野球ではないでしょうか。流石、スペシャリスト野球みたいなチマチマフィーリングはなし。今日思えば客席が少ないこともその理由だったんですかね。どうしても優勝競合いではなく、1部残留の競合いに明け暮れた季節。本当はその年代、修正戦に回ったんですよね。そこで残留。こういう幸福が余計に一体フィーリングを得た機会だったと思います。学生時代の熱きパワーでだ。レイクの即日サービス